渋谷区原宿の歯医者さん【原宿デンタルクリニック】

原宿デンタルクリニック

03-5467-2784
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-29-3 原宿KYビル7F

予防歯科

  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • ホワイトニング審美歯科

予防歯科について

原宿デンタルクリニック

充分な予防をすることで、虫歯や歯周病にならなければ痛い思いもせず、治療をする必要もありません。
虫歯や歯周病を治すことも大切ですが、虫歯や歯周病にならない口腔内環境をつくっていくこともとても重要です。 いくつになっても自分の歯で食事を楽しみたいと思えば、虫歯や歯周病に対する予防が必要不可欠になってきます。

当院では予防処置として『ブラッシング指導』『フッ素コーティング』『シーラント』『PMTC』などをおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

スケーリング(歯石除去)

超音波による歯石除去
原宿デンタルクリニック

大量についた歯石に振動を与えて一気に取り除きます。

プラークや着色の除去
原宿デンタルクリニック

歯ブラシだけでは落せなかった汚れを取り除きます。

手作業の器具による細かな部分の仕上
原宿デンタルクリニック

深いところや狭い部分についた歯石を手作業でていねいに取り除ききれいにします。

PMTC(Professional Mechanical Teeth Cleaning)

『毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの?』
そう疑問に思ったことはありませんか?

それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。
24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。
ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。
うまくプラークが取れない方は歯科医院のPMTCを受けてください。
歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。

原宿デンタルクリニック
原宿デンタルクリニック

お手入れの仕方

歯はいつか失い、入れ歯(義歯)になるのが当たり前だと思っていませんか?

実は、毎日のお手入れで予防をしっかりしてムシ歯や歯周病を防ぐことで実際に90歳でも元気にご自分の歯で噛んでいる方もいるのです。
ムシ歯で歯を失う、歯周病で歯を失う、それはムシ歯や歯周病は痛くなってからでは遅いからです。
では一体どうしたら歯を失わずにいつまでもお口の健康を保てるのでしょうか? それは、『早期発見・早期治療』に他なりません。

予防歯科とは、一生ご自分の歯で噛んでいただくために、痛みなどの自覚症状がなくても定期的にプロによるチェックとクリーニングを受けることにより、ムシ歯や歯周病を予防・早期発見し病気が見つかった場合でも最小限の治療ですむようにするという考え方に基づく歯科処置です。

正しい効果的なブラッシング
原宿デンタルクリニック

予防歯科の基本は歯みがきです。
歯を磨いて、お口の中に付着したムシ歯菌やプラーク(歯垢)を落とす事でプラークコントロールを行います。

プラーク(歯垢)とは細菌のかたまりで、ムシ歯や歯周病はプラークによる感染症と言われています。
この細菌は唾液などの体液を栄養にしているため、食事をしなくてもプラークはできてしまいます。
私達が食べたものからは、主に糖を利用するくらいなのです。

プラークはまず歯に付着し、そのプラークが徐々に増えてくると歯と歯肉の間の歯周ポケットといわれる溝に溜まってきます。
歯周ポケットにプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、まずは歯につき始めたプラークをしっかり落とす事が大切になってきます。

プラークのつきやすい部位は歯ブラシの当りにくい場所
原宿デンタルクリニック
自分の歯の形、並び方を知っていますか?
原宿デンタルクリニック
狙って磨かないとプラークは落ちません。

一件シンプルに見える歯は、1本1本の形も違い、微妙な曲面で作られています。 ですからただ漫然と歯ブラシを歯に押し当てて磨いてもプラークを落とす事は出来ません。 正しいブラッシングは、ご自分の歯の形をよく見て1本ずつ歯を狙って磨く事です。

プラークは毛先でサッと落ちます

毛先を上手にプラークに届かせ、毛先のコシで取るのがコツで、毛先の届かせ方が工夫のしどころです。
毎食後磨く事が理想ですが、特に夜寝るまえにしっかりと磨くように習慣付けましょう。

歯面に対してブラシの毛先を直角に当てましょう

プラークを落とすには歯ブラシの毛先を歯面に直角に当てて小さく動かします。
歯の表面は微妙な凸凹があるので大きく動かしても効果がありません。
また、歯ブラシのワキ、カカトやツマ先などのブラシ面を使い分ける事がポイントです。

歯ブラシを強く当てていませんか?
歯を磨くのか歯肉を磨くのか勘違いをしていませんか?

ブラッシングを歯肉のマッサージと勘違いする人が居るのですが、そのために必要以上に歯肉を傷つけている場合があります。
ブラッシングはあくまでも歯面のプラークを落とすためのものです。
歯周ポケットにたくさんプラークが溜まっている場合には、歯医者さんでの除去をお願いしましょう。

力は入れずに軽く毛先で落としましょう!

歯ブラシを歯面に強く押し当てると毛が寝てしまって、毛先がまったく当たらないのでプラークは取れなくなります。
軽く歯面に毛先を当てて、毛の弾力だけでブラッシングをする事が大切です。
強く磨くとプラークは取れずに、歯や歯肉を傷つけるだけです。

歯ブラシで磨くにくい所は補助器具を使いましょう

補助器具には歯間ブラシ、デンタルフロス、タフトブラシなどがあり、歯と歯の間のプラークを取るのに適しています。
入り組んだ歯並びで、通常の歯ブラシでは磨き残しができる場合には効果的な補助器具を使います。

歯みがき剤の効果的な使い方

始めから歯みがき剤を使って磨くと、泡で狙いが定まらず磨き方も雑になります。
最初は歯みがき剤は使わずに奇麗な歯面になったところで仕上げで歯みがき剤を使うのが望ましいです。

歯ブラシの正しい使い方や補助ブラシの使い方など、那須歯科医院にて指導致します。
遠慮なくお尋ね下さい。

pagetop